http://www.outsider-bros.com/

Ad-Venture Studio outsider-bros.com digital Movie planning & produce

TVCM・映画・WEB動画コンテンツ制作の舞台裏レポート ~プロデューサーによるデジタルコンテンツ基礎知識Blog~

AD-VEMTURE STUIDO OUTSIDER-BROS.COMとは

アウトサイダーは、広告とビジネスブログの制作チーム。 リアルビジネスのアシストに、アクセシビリティの高い企業ブログを導入提案。

基本ソリューション紹介 PDFダウンロード 基本ソリューション
standard solution
[PDF ○○MB]

広告企画制作

produce

動画広告のプランニング&プロデュース。 4K(シネマスクリーン)から1K(ネット動画)に至るまで、 デジタルコンテンツの映像制作配信の1ストップサービス。

映像企画・制作

produce

4K(シネマスクリーン)から1K(ネット動画)に至るまで、デジタルコンテンツの映像配信サービス。

Promise

基本契約(委託・共同・下請け等)を基に、著作権法の範囲内の管理義務を遵守します。

ServiceArea

日本全国出張サービス。クリエイティブ局のない広告会社、クライアント直等状況に応じて対応いたします。

Specials

提携する京都老舗加工業(ビニール・皮革・金属等)のマニファクチャ企業との連動で広告プロモーション商品の開発、マーチャンダイジングのオリジナル製品開発等の短期製品化の実現。(カタログ製作中)

Works

著作権保護のため、資料用DVDを送ります。

お問い合せ









« animal planet ads | メイン | the animals save the planet07 »
2008年06月07日
ビジネス史上の大失敗決断6

ビジネスの責任者は、リスクとして時に大きな失敗もする。
史上ワースト6の紹介。source:labaQ
★★★1)ビートルズを拒否
責任者:デッカレコード・ロンドン支店マイクスミス&ディック
     ロウ。
背景:マイクスミスがリバプールでビートルズを発掘したが
    ディックロウの意見を認め契約をしなかった。
決断のセリフ:<はっきり言って、彼らのサウンドは気に入
       らないよ。4人組でギターなんて終わってる。>
結果:EMIと契約したビートルズは空前のバンドブームを呼ぶ。
mistake.jpg
★★★2)E.Tを拒否
責任者:M&M's(エムアンドエムズ)で有名なMars Inc(マー
     ズ社)のオーナー、ジョン&フォレスト・マーズ。
背景:1981年にユニバーサル・スタジオはマーズ社を招き、
    新作の映画に監督のタイアップ案としてM&M's(エム
    アンドエムズ)を利用してもいいかと尋ねた。
決断:マーズ社の兄弟の返事は「ノー」
結果:その監督スピルバーグはハーシー社と契約<ETの
    お気に入り菓子>として、2週間で3倍の売り上げと
    なった。宣伝効果は15~20M(15億円~20億円)あった
    とハーシー社責任者ジャックドウドは語った。

★★★3)「M★A★S★H マッシュ」を安く売ってしまった
責任者:20世紀フォックスのテレビ部門の幹部
背景:1972年に始まったドラマの「M★A★S★H マッシュ」
    を期待していませんでした。映画のセットの使いまわ
    しで安くドラマが作れるだけだったから。
決断:財政難から、過去の7シリーズを将来の放映権を1話
   につき13,000㌦(130万)でノークレームノーリターンで
   売却し25万㌦(25億円)を手にした。
結果:4年後の79年から再放映されたシリーズは人気を呼
   び、全168話の1話につき100万㌦の利益をもたらした。

★★★4)電話の導入を断る
責任者:1876年ウエスタンユニオン取締役ウィリアム・オートン
背景:当時の通信<電報>の占有でアメリカで最も力がある
    企業だった。ボストンの富豪ガーディナー・グリース・ハ
    バード氏が、新発明の製品特許を買わないかと話を持
    ちかけてきた。
決断:ハバード氏は10万ドルで交渉しましたが、オートンはそ
   れを冗談として一笑。発明したベルに直接返事を出した。
   <電気製のおもちゃを我が社でどう利用しろと言うのか?>
結果:ベル氏はこの特許をそのまま20年も彼の電話会社で
   持っていることになりました。名前はAmerican Telephone
    and Telegraph(AT&T)と変更され、後にアメリカ最大の企
   業となります。たった10万ドルで売られかけたこの特許は
   史上最も価値のある特許だったのです。

★★★5)バドワイザーに対抗した
責任者:ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるシュリッツ社の
    頭取ロバート・ユーレイン・ジュニア
背景:1970年代、シュリッツビールははアメリカでバドワイザー
   に次ぐ第2位の売り上げでした。1位奪還を狙い材料費を
   カット、同じ量のビールを、より安く、より速く、作る手法を
   編み出した。
決断:それまで40日かけて作っていたものを15日にまで短縮
    し、モルトの代わりにもっと安価なコーンシロップに置き
    換えました。さらにフォーム安定剤まで他のものに変え
    ました。
結果:安くてすぐつくれるビールは非常にまずかった。しかも
    安いビールの原材料はすぐ缶の底に沈み込み、まるで
    それが鼻汁のように見えたそうです。鼻汁ビールは人気
    が落ち1000万本を回収したにも関わらず、二度と売り上
   げ回復は不能になった。

★★★6)車のモデルチェンジを拒否した
責任者:フォード・モーターの創始者ヘンリー・フォード
背景:1908年に最初のフォード・モデルTを市場に出した当時
  は斬新なモデルでした。「安い車は他に市場に出回ってい
  たが、斬新さと安心さの両方を提供できる車はなかった」
決断:1912年に彼と家族がヨーロッパ旅行へ行って帰ってき
  たときに、スタッフたちが驚かせようとニューモデルを用意、
  赤く塗られたピカピカの新車を彼は素手でめちゃくちゃにし
  た。「馬小屋の色を塗り替えても馬小屋には変わりはない
  、客間にはなれないさ」
結論:フォードの市場は1923年の国内売り上げで57%、1925
   年には45%、1926年には34%にまで落ち込みました。
   ようやく1927年にモデルチェンジを発表したときには、す
   でに市場での競争力が低下しており、シボレーがついに
   フォードの売り上げを超えました。