http://www.outsider-bros.com/

Ad-Venture Studio outsider-bros.com digital Movie planning & produce

TVCM・映画・WEB動画コンテンツ制作の舞台裏レポート ~プロデューサーによるデジタルコンテンツ基礎知識Blog~

AD-VEMTURE STUIDO OUTSIDER-BROS.COMとは

アウトサイダーは、広告とビジネスブログの制作チーム。 リアルビジネスのアシストに、アクセシビリティの高い企業ブログを導入提案。

基本ソリューション紹介 PDFダウンロード 基本ソリューション
standard solution
[PDF ○○MB]

広告企画制作

produce

動画広告のプランニング&プロデュース。 4K(シネマスクリーン)から1K(ネット動画)に至るまで、 デジタルコンテンツの映像制作配信の1ストップサービス。

映像企画・制作

produce

4K(シネマスクリーン)から1K(ネット動画)に至るまで、デジタルコンテンツの映像配信サービス。

Promise

基本契約(委託・共同・下請け等)を基に、著作権法の範囲内の管理義務を遵守します。

ServiceArea

日本全国出張サービス。クリエイティブ局のない広告会社、クライアント直等状況に応じて対応いたします。

Specials

提携する京都老舗加工業(ビニール・皮革・金属等)のマニファクチャ企業との連動で広告プロモーション商品の開発、マーチャンダイジングのオリジナル製品開発等の短期製品化の実現。(カタログ製作中)

Works

著作権保護のため、資料用DVDを送ります。

お問い合せ









« 技術01必要の母は戦争 | メイン | BLOGPARTS01 »
2007年06月28日
技術02デジタルの源流へ

 Q:誰がどこでいつ決めたの?デジタル映像技術の最先
端は何を目指しているのか?GOALはどこなのか。
 A:1972年NHK放送技術研究所が始めたハイビジョン
研究が発端。EUでもハリウッドでも映画がTVに負けるわ
けにはいかない。HD研究が始まった。

 2002年DCI(デジタルシネマイニシアチブ)が発足し、
映画フィルムのネガレベル(横4096×縦2160)画素
885万を最高規格として4Kシネマ、横縦半分の(2048
×1080)画素221万の2Kとした。送信するデータはJPEG
2000圧縮、2時間映画は総データ量4TB(テラバイト)を
超えるという。
世界最高峰の4KプロジェクターSONY SRX-R110は
これからの映画館を変える大砲(重さ110KG、価格
なんと1,800万円也)今年発売の上位機種R-220は
サーバー機能を持った大型金庫。
sonys-massive-srx-r110-projector.jpg
理由はこう。1)フィルムプリントなし 2)全国に運搬なし
3)映写技術者不要 4)タイムラグなし 5)コピーガード
6)新作の掛け変えが即時 7)シネアドも適応可 など。
問題は…1,800万円を誰が払うか!劇場?配給?
R-220.jpg